今回、15thコンサートのゲストであり、司会として、また歌手としてご活躍いただいたtakamiさまより、コンサート翌日(9月5日)に以下のコメント&お写真をいただきました♪

 

他のページにありましたので、今回、ホームページの移転にともない、こちらに移動しております。

以下、takamiさまからのコメントです↓↓↓ありがとうございましたゆう★

 

〜昨日はありがとうございました!〜

司会を務めさせて頂いたtakamiです。
昨日はありがとうございました!&お疲れ様でした!!
もんオケの皆さんの素晴らしい演奏と共に一緒に過ごさせて頂いて、すごく幸せでした。昨日の演奏、本当に素晴らしかったです!!
初めての司会でとても緊張しましたが、終わってみるととても楽しかったです。今回が至らなかった分、次はもっとこうしよう、こうやって盛り上げよう!という想いも湧いて来て、司会というお仕事が、会場と演奏を繋ぐ大事な役目(遣り甲斐のある大役)だと、強く実感しました。

「月の砂漠」の歌も含め、団員の皆さんと会場の方に見守られながら無事終えることが出来ました。
本当にありがとうございます!

15周年を迎え、次からまた新たな出発として、より進化していくもんオケをこれからも楽しみにしています(^^)

これからも、主人と娘、家族共々どうぞよろしくお願いいたします!
内山団長に、心から感謝しています。

昨日撮った写真を分割添付いたします♪

 

舞台上はキュウキュウです^_^;
バイオリンパートは美女揃い♪

 

 

もんオケのモーツァルトと記念撮影♪
ハーモニカと二胡の競演!?

みなさま、こんにちは。

コンサート後、初の練習に参加出来ずに、申し訳ありません<(_ _)>

今回の練習日誌は、シンデレラさまに書いていただきました。

 

>シンデレラさま

急なお願いにも関わらず、お引き受け頂き、本当にありがとうございました。

丁寧で細やかで、とってもありがたいです(*^_^*)

 

↓↓↓以下、シンデレラさまの日誌となります↓↓↓

 

9月18日  日曜日

本日の出席者
Con.団長  Fl.2  Ob.1  Cl.1  Sax.1  Bar.1  Ni-Ko.1  Gt.1  Pf.1  Bs.1  Dr.1  真壁さん

定演後、最初の練習のためか出席者が少なく、全員がsolo気分の練習でした。

vocalise
暫くぶりの曲。初めて演奏した方も、かなり以前に演奏したことのある私も新鮮に、そして懐かしく感じました。何度聴いても美しいメロディーですね。
人が少ない分、他パートの音に改めて発見などがありました。

新曲が2曲。
第二あすなろビバ祭で、takamiさんが歌ってくださいます。
「みんなみんな大きな輪!」
「はじめての誕生日」

みんなみんな大きな輪は、軽快なテンポで皆んなが楽しく、幸せ気分になるような曲です。
はじめての誕生日は、これも気持ちがほっこり。
子どもの頃の誕生日を思い出させてくれる素敵な曲で、こちらも気持が温かくなります。
歌詞が入ると、どんな風になるのかとても楽しみです。

オリーブの首飾りと月の砂漠は、演奏したばかりですので、怪しいながらも安心?して聴けました。

今日は、久々に真壁さんがもんオケ練習に来て下さり、真壁さんがお持ちの打楽器を沢山寄付してくださいました。
大切な楽器をありがとうございました。

楽器だけでなく、今度は是非演奏も寄付していただけたらなーと思いました。

10/30(日)はトロンボーンの方4名。
11/9(水)はtakamiさんがいらっしゃるそうです。

 

追伸。
確か、10/30(日)には、鰐淵さんお知り合いのピアノの方もお見えになるようです。

本日は、訳あってグロッケンに臨時転職した木管低音隊がお送りいたします(・・;)

参加メンバー
団長、フルート4、ハーモニカ1、チェロ1、オーボエ1、トランペット3、ギター1、ベース1、ドラム1、グロッケン1

・夏の日の恋
最後をマイナーチェンジ⇒ピアノのsoloで、リゾートっぽく、盛り上がらない感じで…終わります??
全体のテンポは、今までよりも遅めに。管楽器は、最後の小節3拍目をハッキリさせること。

・トルコ行進曲
もんオケのモーツァルトが髪を振り乱して弾く…かもしれません。

今日は、衣装合わせも目的でした!!

・ラブストーリー後半
転調後、早くなりすぎないように注意。

ニノロータから
・ジェルソミーナ
かをる嬢が様々なアプローチを試みました。本番は、どのようになるのか楽しみです。

・ゴッドファーザー
…これは、もしや…まさかのトランペット対決

・ホリデー イン ジャパン
「春が来た」のメロディーを、団長がリコーダーで教えて下さいました(^_^)v

・バリーホワイト 愛のテーマ
メインとなる2パターンのリズムを繰り返し練習しました。

今日は自主練習でしたが、フルート、トランペット、リズム隊はフルメンバーの出席でした(*^_^*)

次は前日練習です

「モーツァルトの仕立て屋さん」チームの皆様、衣装の準備も頑張りましょう

 

※チームは実在します。フィクションではありません^_^;

今年も、山梨のとある学園で合宿を行いました(*^-^*)

 

8月27日

7時10分…買い出し隊が集合

なんと、バスも到着〜ありがたかったです。

 

7時45分…集合⇒8時…出発

 

台風の影響か、例年よりはスムーズに進み…お昼を食べている途中で到着してしまいました( ̄□ ̄;)

 

11時50分…到着⇒セッティング

 

13時〜パート練習(木管は13時半から開始)

 

団長がアルトサックスをお持ちでいらしたので、サックス隊は個別レッスンからのスタートとなりました。木管セクションは、チェロも交えて練習開始。

 

いつもアタマから始めると合奏までに全部終わらないので、まずそうなところを集中的に練習することにしたのですが…ヤバめなところが沢山ありました(*_*)

 

ひとつひとつの課題のクリアを目指すところは、合宿の醍醐味です!

 

途中からは、サックス隊も合流…団長にもご指導頂きました。

 

16時30分〜合奏

 

18時00分〜お夕食

とっても美味しかったです(o^〜^o)

写真を撮ったので、どうにか載せたいなぁ…メインはカレーハンバーグでした(≧∇≦)

 

19時〜合奏⇒21時まで

 

21時30分〜宴会

色々なおつまみ、楽しいお喋り…で、お酒が進んでいるかたが多かったですねo(^-^)o

 

今回、ちびっこがいらっしゃらないのは、ちょっと寂しいところですが…本番のメンバーでプレママさんが多いのは、過去最高かも?今後に期待です(=^_^=)

 

女子チームでは、「もんオケのモーツァルトを、どう飾り立てるか」を、朝まで生テレビ並に熱く語り合いました。ご本人そっちのけだった気もしますが…まぁ、そんなことはよくある話で……( ̄ー ̄)ニヤリ

 

今年も、不動の真面目チームのフルート隊は、真夜中までパート練習をしておりました。

 

8月28日

たむパパさんがいらっしゃらないから〜と余裕でいたのですが、朝一の称号は「もんオケのモーツァルト」が獲得なさいました。さすが、としか言いようがないです。

 

そして、今年は朝早いチームにもう一人参戦(^▽^)ノ

トロンボーンのトラさんは、朝の6時から布団のなかで譜読みをしていらっしゃいましたΣ(ノ°▽°)ノすごい、スゴすぎる〜♪

 

8時〜朝食

おいしくいただきました。

バスの運転手さんから、「ところで皆さんは、一体何の団体ですか?」との質問が…改めて聞かれると、説明が難しいものだなぁf^_^;

 

9時〜合奏⇒11時過ぎまで

 

合奏後、リセッティング

 

12時〜昼食

冷やし坦々麺と、ボリューミーな冷奴(〇o〇;)

 

12時45分…出発

 

談合坂は、すごい混み具合Σ( ̄ロ ̄lll)

 

新宿を経由して、もとの集合場所に戻ってきたときには17時過ぎになっていました。

 

優しく気さくな運転手さんに御礼をして、解散です。

 

団長からは二日目の朝、合奏前に「もっと思いきってやりましょう!」とのお話がありました。

 

本番まで、あと一週間。練習してきたことが出せるように、縮こまらずに堂々と演奏しましょう♪

 

市○市在住、浦○市在勤にも関わらず、今週はやたらと(?)江○区に出没しているFg吹きがお届けいたしました。

8月10日の練習日誌は、今村さまにお願いいたしました。

急なお願いにも関わらずお引き受けいただき、本当にありがとうございました。

以下、今村さまからの原稿です。

↓↓↓

 

8月10日の練習日誌はpf今村が担当します。
今回はトロンボーンとバイオリン、チェロの助っ人さんも参加しましたので、
平日の割にはすごい人数でした。
助っ人に皆さんの譜面確認もあり本番の流れで全曲通しました。
ビューティ&アニマルを除く全16曲、結構ありますね。
相変わらす付いていけてない今村ですが、
本番まで1ヶ月を切りましたので、なんとか間に合わせたいと思います。
合宿と残された練習の機会を大事にしていきます。

ちなみにビューティ&アニマルが忘れらればきなので、
各自譜面のご用意を。


なんだか自分のことばかりで恐縮デス。
今村


 

自主練習日ということで、普段より参加メンバーは少なめでしたけれど、トロンボーン(バストロ含む)のエキストラさま4名がお揃いに…ブラスセクションが勢揃いしての練習となりました♪

 

Con 団長、Fl 2、A Sax 2、Tp 3、Tb 4(Bass Tbも)、Btn 1、Gt 1、Bass 1、Fg 1

 

確認の意味も含めて、曲順で進みました。

 

・小象の行進

…上野動物園なのか、はたまた多摩動物公園なのか…小象のイメージに、ちょっとずつ違いがあるようです。

 いろんな小象がいたほうが、楽しいかしら…。

 

・ピンクパンサー

…Cから、木管のメロディーは3小節目の2分音符を伸ばしすぎないように注意!伸ばした音を切るタイミングを揃えるように意識しましょう。

…Tbのメロディーは、重くなり過ぎないように。ダダッではなく、タラっという感じ。うぅ、説明が難しいですね(^_^;)

 

・シャレード

 

・男と女

 

・ラブストーリー

…EからはG♯ minorです。管楽器の皆様、気合で慣れましょう!

…C管だったら、ファ、ド、ソ、レ、ラの5音に♯です!(ミとシ以外は♯…)

 個人的には、ラの♯が危険です。(落としそう((+_+))

 

・シェルブールの雨傘

 

・ニノ・ロータ・メドレー

…「ジェルソミーナ」かをる様のsolo♪Tpメンバーは、バランスに配慮を…。

…「ロミオとジュリエット」A.Saxのパートを途中から入れ替え。ロミオが現れました!

 

・夏の日の恋⇒今日は飛ばしました

 

・オリーブの首飾り

 

・ジェラシー

 

・リカルド・サントス・メドレー

 

・バリーホワイトの愛のテーマ

 

ところどころ、セクションを抜き出しての練習、tuttiでの繰り返し練習などを行いました。

 

団長からお話があったのですが、今回は「愛のテーマ」が3曲あります(*^。^*)

どの曲も、ひとつひとつ違って、とっても素敵です。

 

ニューシネマパラダイスは弦セクションのみなので、思いっきり聴き惚れたいと思っている、かす@ふぁごっとがお送りしました。

 

 

今回も、急なお願いにも関わらうず、チェロ兵衛さまが書いてくださいました!
ありがとうございました(*^。^*)

以下、6月8日の練習日誌となります↓↓↓


6月8日(水)の練習(於 ティアラ江東)
団長、Fl × 3、 Ob 、 Vc、Tp 、 Pn、Gt、Bass、Dr
ごらんととおり、少数精鋭(?)でリカルド・サントス メドレーを
みっちりしごいていただきました。

【春が来た】終始スイングであることを忘れずにとのことでした。
例えば、ギターのメロとかオーボエの単なる四分音符の並びであってもです。
ギターメロでは全体の音量も下がってほっとした感じがでてほしいとのこと
でした。また、スイングは肩に力を入れず、軽い感じが欲しいとの注文も
ありました。
【五木の子守歌】チェロ兵衛的にはリハーサルマークH(Fgの代理)のリズム
が真新しくてうまく乗れませんでした。タンゴなので4拍目のドラムが華やかに
ドン・ドコドコとなるのでこれにつられてたびたび飛び出してしまいました。
カスちゃんも気をつけてね!
【夕やけ小やけ】付点八分のパッセージはスイングです。エンディングの
クリッサンドは音符にちゃんと収まるように!

                                    以上です。
 

池ジャズ前、最後の練習…ということで、エキストラさまも含めて殆どのメンバーが揃いました!

音楽スタジオが鮨詰め状態にも見えましたけれど、本番のステージに近い密着感だったかもしれません♪
(職員のかたがいらっしゃると、ちょっとドギマギしますね^_^;)

曲順での通し練習×2…2回目のトータル時間は29分37秒でした!お見事!!

ピンクパンサーではトロンボーンのsoli&soloが、ツキサバではヴァイオリンのsoloが、Fantasyでは、トランペットのsoloが光ります〜(*^。^*)

あぁ…ずっと聴いていたい〜と聴き惚れていると、うっかり休み過ぎてしまうので、注意が必要です!

サマータイムは、イントロに4小節、パーカッションsoloが追加になりました。
みなさま、お気を付けくださいませ。

ではでは、いよいよ土曜日に迫った池ジャズ。
思いっきり楽しみましょう〜♪

かす@ふぁごっとでした。





 

5月8日(日)の練習日誌をお届けします。

Con 団長、Fl 4、Ob 1、Cl 2(うち1名は見学者さま)、Harm 1、A Sax 1、Vc 1、Tp 3、Tb 1、Btn 1、Gt 1、Dr 1、Pf 1、Fg 1

池ジャズ直前!ということもあり、最初から通して練習しました。(到着が遅れて、開始を遅らせてしまってスミマセン…個人的に反省(>_<))

トラさんも、あと2回の練習で合わせてくださるので、メンバーはキッチリ合わせておきましょう!という目標を掲げて臨みました!

小象の行進
ピンクパンサー×2
シャレード
…Bの3小節前は案?に決定。Clの出だしは団長が振ります。(案?は、やまさんと団長の見つめあいでした(*^。^*))
…Fの6小節前、符点四分音符で下がるパートは、アクセントをしっかりと!
…Gの6小節前、少し落としてからGの2小節前までを盛り上げます
I’ll Wait For You
…Bの1小節目、5小節目、符点八分音符があるパートは、流さずに裏の裏を感じましょう!
男と女
…Cの2小節前、三連符があるひとは練習しておきましょ〜う
サマータイム
月の砂漠(略して「ツキサバ」)
ファンタジー
…C、二分音符のパートはアクセントをハッキリ、ずっと同じ強さではなく、音の頭が出たあとはちょっと引いてもいいかも

〜〜〜と、ここまでが池ジャズでした〜〜〜
最後は、本日の新譜「リカルド・サントス・メドレー」
団長にとって思い出の一枚から生まれた新曲とのこと。
今日は、音と小節の確認をテーマとしての初見大会になりました。
日本の名曲がオシャレになっていて、とても素敵でした〜♪(途中の転調で、間違って♭を付け過ぎたのは私です…トホホ)

Clの見学者さまもいらっしゃり、木管セクションとしては嬉しい限りの合奏でした。
池ジャズまで、あと少し。これからは、トラさんも増えるので楽しみ〜な、かす@ふぁごっとでした。
 

仕事がなかなか終わらず、すっかり遅れて参加となりました。
池ジャズに向けて、もっかプログラムを通して練習中です。

Con 団長、Fl 4、Ob 1、A Sax 2、Vc 1、Tp 3、Tb 2、Btn 1、Gt 1、Bass 1、Fg 1

ファンタジー
…A4小節目、木管楽器のメロディーは、リズムを揃えましょう!

I’ll Wait For You
…イントロとエンディングの木管カルテットは、時間を見てセクション練習予定となりました。

団長が、月の砂漠を「ツキサバ」とおっしゃったときは、思わず隣のやまさんと「なんか、そんな鯖いそうだよね」「…ですね」「あんまり縮まっていない気もするし、断然短くなった気もするし…」「不思議な感じですね」と、囁きあってしまいました。(2列目ならではの会話かも…)

個人的には、大ヒットです!ビバ!ツキサバ!

もともと、月の砂漠は大好きで、機会が増えれば増えるほど嬉しい曲なので、愛称まで生まれると、また格段と愛着が湧くというか…Clが少ないのは寂しいけれど、3rd Clのガイドが吹けるという貴重な機会を満喫しております。

これからも、かす@ふぁごっとはツキサバ推しで行きたいと思います。

 


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM